スポンサーリンク

IKEAキッチン収納METOD(メトード)を組み立てDIY-2

スポンサーリンク
IKEAキッチンDIY メトード DIY
スポンサーリンク




IKEAキッチンDIY メトード

前回の続きです。

IKEAに注文して数日後、ついに荷物が届きましたよ~!

全部で75個口の荷物です!これで送料3,000円なので、どんだけ買っても送料1回3000円は安いですよね。

小物はこの大きな箱に詰まっていました。

さて、早速この壁に収納を組み立てます。

IKEAには各パーツ毎の組み立て説明書はありません。もちろん全体の組み立て順番はないので自分で頭の中でシュミレーションして組み立てていかないといけません。注文書に明記の8桁の番号と箱の番号を照らし合わせて、都度都度目的の物を探すのは効率悪いので、ある程度先に仕分けしておくと作業が捗ると思います。その仕分けだけでも腰が痛くなりますけどね(笑)。

まずは左側に設置する高さ220cmのキャビネットを組み立てる事にしました。

付属品を全て出して確認します。

IKEAの大型家具はほぼ全てこのネジが使われているので、このネジを板にねじ込んで

ネジの出っ張った部分に板を入れ

外側からネジで留めるだけで骨格の部分は簡単に組みあがります。ここまでは簡単で見た目の出来上がり感もあり楽しいです。



底面には足を設置。これは高さ3cmの足でこれが一番安かったです。4っで1000円。ネジを回す事で高さ調整可能です。足を付ける前に全ての足の長さを揃えておくと後々平行調整しやすくなりますよ。それをやらないと後で平行にするのが結構難しかったです。

足を付けたらその隙間にゴミ等が入らないようにするスカートのようなパーツを付けます。キャビネット設置後には付ける事が出来ないパーツなので最初に付ける必要があります。

長さを図ってのこぎりでカットし、

こんな風に足の金具との間に付けました。角の重なる部分はカットしたりする必要がありますが、そこはIKEAの説明書には説明はありませんので、IKEAのショールームでどのように付いているか写真を撮っておき、自分で考えて加工する必要がありますよ。

このように細かい部分の説明はIKEAの説明書には一切ありませんから、とにかくショールームで色々と写真を撮るのが大事です。

次がこのサスペンションフレームです。

これは家具の転倒防止と、ハイキャビネットの転倒防止とウォールキャビネット(吊り戸棚)を固定する大事な金具になります。

断面はこんな感じになっており丈夫に出来てます。これを自分で適当な長さにカットして壁に設置しなくてはなりません。

我が家ではこんな感じに設置しなくてはなりません。



サスペンションフレームを切断するのに私は「ディスクグラインダー」を使用しました。IKEAのマニュアルにはノコギリのイラストがありましたが、金物切るノコギリで切るのは結構大変というかほぼ無理っぽい感じがします。ここがDIY初心者には鬼門かもしれません。

サスペンションフレームの切断が出来ない人はIKEAの設置サービスをお願いするしかないでしょうね。

手に持っているのがサスペンションフレームです。これを壁に固定しキャビネット側に付けるアルミの耳のようなものを引っ掛けるようにしてキャビネットを固定します。

次へ続きます。。。

コメント

タイトルとURLをコピーしました